英語ジョークの研究―関連性理論による分析 (龍谷叢書) 詳細
商品説明

英語ジョークの研究―関連性理論による分析 (龍谷叢書)

 

単行本:265ページ
出版社:開拓社 (2011/11)
言語:日本語
ISBN-10:4758921679
ISBN-13:978-4758921671
発売日: 2011/11
商品パッケージの寸法:21.3 x 15.2 x 2.2 cm

 

 

 英語のジョークをいかに読み手(聞き手)が、おもしろいなあと思うかということを、できるだけ多くの実例を用いて、解説。認知語用論(関連性理論)を用いて、表意に基づくジョーク、推移に基づくジョーク、類似性に基づくジョークを中心にジョークの実例分析を試みている。日本語では吉本のお笑いや俳句、英語では子どものジョークやエスニックジョークなども扱っている。

内容(「BOOK」データベースより)


本書は英語のジョークをいかに読み手(聞き手)が、おもしろいなあと思うかということを、できるだけ多くの実例を用いて、解説したものである。認知語用論(関連性理論)を用いて、表意に基づくジョーク、推意に基づくジョーク、類似性に基づくジョークを中心にジョークの実例分析を試みた。ことばのひねりのおもしろさは世界中にあり、日本語では吉本のお笑いや俳句、英語では子どものジョークやエスニックジョークなども扱った。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

東森/勲
龍谷大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



商品の履歴