DVD文章カテゴリー

放送終了「お金の花」チャン・ヒョクの新たな出発とは?

02/05/2018

 

「お金の花」チャン・ヒョクがチョンアグループを革新し、刑期まで終えて出てきたが、ドラマの終わりごろに奇襲に遭った。幸いチャン・ヒョクは生き残った。

韓国で3日に放送されたMBC週末ドラマ「お金の花」最終回では、カン・ピルジュ(チャン・ヒョク)がチョンアグループを革新する姿が描かれた。

ピルジュはチャン・グクファン(イ・スンジェ)の金をバイオ研究に投資するようにし、チョンアグループの世襲経営を終えて専門経営体制に変化させ、革新を成し遂げた。

続いてピルジュはナ・モヒョン(パク・セヨン)に「ごめん。僕の復讐に利用して。許してもらえないのは分かっているが。申し訳ない」と謝罪した。

これにモヒョンはピルジュを許し、「私が助け、私を助けてくれたその男を、これからも胸の中に入れて生きる」と切ない気持ちを表現した。

その後ピルジュは自らが内部告発者となり、グループの二重会計帳簿を検察に渡した。彼はニュースで「資料は本物だ。詳しい内容は検察調査で明かす」と明かした。

結局、チョンアグループ一家はすべて審判を受けた。チャン・グクファン(イ・スンジェ)は懲役7年、チャン・ソンマン(ソヌ・ジェドク)も懲役7年、カン・ピルジュは懲役3年、チョン・マルラン(イ・ミスク)は懲役3年、チャン・ヨチョン(イム・ガンソン)には懲役1年が言い渡された。

一方、マルランは精神に異常をきたした。ピルジュを見て「スマンさん、スマンさん、よみがえったね。私、スマンさんのこと、そうしておいてすぐに後悔したの。生かそうと頑張ったのに」と涙を流した。

またチャン・ブチョン(チャン・スンジョ)はピルジュに「偶然すれ違っても知らないふりをしよう」と後ろを向いた。

その後刑期を終えたピルジュは「ピルジュ、お疲れ様」と自分を慰めたが、そのとき奇襲に遭った。血を流して倒れたピルジュは、幸い生きていた。

モヒョンは「チョンアバイオ最高経営者公募要綱」をピルジュに送り、ピルジュは意味深な表情を見せた。

彼は「これから君の名前を返してあげる。これまで良く使わせてもらった」とカン・ピルジュという名前を捨て、チャン・ウンチョンという名前で最高経営者の面接を受け、グループ復帰を暗示した。

DVD 大特集の韓国ドラマDVD特価セール中。激安DVD/格安DVD最大97%オフ!本全品送料無料!

ユーザーレビュー
(合計0件レビュー)
  • 現在レビューはありません
合計 0 件レビュー
Eメールアドレス:
レビュー等級:            
レビュー内容:
文章分類
お薦め記事
商品の履歴