韓国ドラマ「アスダル年代記」のネタバレ&あらすじ

 

 

 

アスダル年代記 あらすじ』は、太古の地「アス」で異なる伝説を作る英雄たちの運命的な物語で、想像の中にだけ存在していた太古の時代を背景に、差別化されたビジュアルと壮大な叙事詩を予告する。チャン・ドンゴン、ソン・ジュンギ、キム・ジウォン、キム・オクビンなど、韓国最高の俳優たちでラインナップを完成させて関心を集めた。

 

チャン・ドンゴンはアスダル部族連盟長であるサンウン(キム・ウィソン)の息子であり、天才的な戦略家である部隊長のタゴン役を引き受けた。ソン・ジュンギは、人とネアンタールの間に生まれたが、イグトゥ(人とネアンタールの混血)として一緒に生きてきたワハン族がアスダルに連れて行かれると、彼らを救い出すために巨大文明を相手に孤軍奮闘するウンソム役を引き受けた。ウンソムはベールに包まれた秘密の運命を持ったままドラマを導いていく人物だ。


キム・ジウォンはワハン族の氏族の母の後継者である「予言の子」タンヤ役を引き受けた韓国ドラマ DVD。キム・オクビンは遠く西から青銅技術を伝えた一族の族長の娘であり、権力を渇望する「欲望の政治家」テイルハ役を演じて神秘的な魅力を披露する。

 

『六龍が飛ぶ』、『根の深い木』、『善徳女王』など、歴史素材において名実共に韓国最高の筆力を認められるキム・ヨンヒョン、パク・サンヨン作家、そして『私のおじさん』、『シグナル』、『未生』で感覚的な演出力を認められたキム・ウォンソク監督が意気投合して作り上げた『アスダル年代記』は韓国初の「太古ファンタジー」として期待を高めている。